炭水化物抜きダイエットって実はリスクがあるというのは本当?

炭水化物抜きダイエットって実はリスクがあるというのは本当?

ご飯や麺類を抜く炭水化物抜きダイエットですが、実は欠点やリスクが多い方法なんです。

芸能人が「炭水化物を抜いてダイエットしたよ!」と言ってはいますが、怖いのは痩せた後なんですね。

炭水化物抜きダイエットがなぜ怖いのか、わかりやすく説明したいと思います。

炭水化物抜きダイエットは短期間で痩せられるけど・・・

炭水化物は糖質が多く含まれており、カロリーが高い食べ物です。

ご飯やパン、麺類などを抜けばその分摂取するカロリーが減り、体重が短期間で減らせるんですね。

芸能人が「産後太りしたけど、2ヶ月で元のボディに戻せたわ」と言っているのは、この仕組みのおかげなんです。

しかし、炭水化物抜きダイエットのリスクが出てくるのは痩せた後だったりします。

リバウンドなど炭水化物抜きダイエットはリスクが多い

実は、人間の体は栄養が不足すると「次に栄養が摂取できたら貯めておかなきゃ」と準備するようになります。

炭水化物を抜いて栄養不足になっている体でハイカロリーなものを食べると、あっという間にリバウンドするんですね。

糖質だったものは脂肪に代わり、下手をすればダイエット前よりも太ってしまうんです。

芸能人はキレイでいるために低カロリー食を続けるので、痩せたままでいられるだけなんですね。

そして、炭水化物を抜くと便の量自体が減ってしまい、キレイに出なくなってしまいます。

便秘をしないためにも、炭水化物は食べたほうが良いんです。

ダイエット中に食べるなら低GIの炭水化物がおすすめ!

ダイエット中に食べるなら低GIの炭水化物がおすすめ!

でも、ご飯やパンを食べると太っちゃうし・・・という人には、低GIの炭水化物がおすすめです。

低GIとは血糖値をゆっくり上昇させる食べ物の事なんですね。

血糖値とは血液中の栄養、つまり糖質の多さを表す数値です。

実は、血糖値は常に一定になるように体が調整するように出来ています。

そのせいで、血糖値が急上昇すると正常値に近づけようと、多すぎる糖を血液から減らす性質があるんですね。

多すぎた糖は脂肪に変わってしまいますし、血糖値が下がる事で「栄養が足りない、何か食べたい」と間食してしまう原因にもなるんです。

簡単にまとめると、血糖値が安定しないとダイエットが失敗してしまうんです。

なので、ゆっくり血糖値を上げる低GIの炭水化物がダイエットを助けてくれるんですね。

例えば、玄米やライ麦パンは低GIなので、同じカロリーでも太りにくいと言えます。

炭水化物は抜かずに、ダイエット中は炭水化物を低GIのものに切り替えるのが正解なんです。

炭水化物は抜かずにダイエットするのが正解!

炭水化物を抜けば短期間に痩せられはしますが、不健康ですしリバウンドしてしまいます。

それなら、同じカロリーでも太りにくい低GIのパンやご飯に切り替えて、炭水化物を食べたほうが良いんです。

玄米やライ麦パン、今は低GIのパスタなど麺類も売っていますよ。

ご飯やパンを食べたほうがダイエット中もイライラしませんし、体力も維持できます。

炭水化物抜きダイエットはリスクが大きいので、低GIダイエットに切り替えましょう。

代謝を良くするために摂ったほうが良い食品や栄養素について

代謝を良くするために摂ったほうが良い食品や栄養素について

ダイエッターの中ではもはや常識なのが、基礎代謝という言葉ですよね。

内臓を動かしたり呼吸をしたり、生きるための基礎代謝は毎日1,800〜2,000kcal近くにもなります。

ただ、年齢を重ねたり運動不足だったり、ちょっとした事で基礎代謝は下がってしまうんです。

この基礎代謝を良くしない事には、なかなか痩せられないんですね。

しかし、落ち込んだ基礎代謝をサポートしてくれる栄養素や食べ物が実はあるんです。

基礎代謝を高めたいダイエッターのために、代謝を良くする食べ物についてまとめました。

トウガラシに含まれるカプサイシンで代謝UP

まず、ダイエットサプリにも配合されているトウガラシは代謝UP食品の王様です。

カプサイシンという辛味成分が体温を高め、基礎代謝も底上げしてくれるんですね。

また、カプサイシンは脂肪分解酵素のリパーゼも刺激してくれるので一石二鳥なんですよ。

お肉を食べる時にトウガラシをひと振り、スープに入れてもおいしいですね。

ショウガを乾燥させると代謝UP成分が誕生!

スパイス系だと乾燥ショウガも代謝サポートの力がある食品です。

ショウガにはもともとジンゲロールという辛味成分が入っていますが、加熱して乾燥させるとショウガオールという成分に変わります。

このショウガオールが体を温めて代謝も高めるんですね。

蜂蜜と一緒に乾燥ショウガを入れた生姜湯を飲むと、ポカポカと代謝が高まる実感があるはずです。

ショウガオールは乾燥ショウガに含まれるので、スーパーのスパイスコーナーで探してみましょう。

ラム肉のL-カルニチンで代謝も元気もサポート

ラム肉のL-カルニチンで代謝も元気もサポート

ちょっと意外なところで、お肉も代謝を高めるパワーがあります。

肉に含まれるL-カルニチンという成分が、代謝をサポートしてくれるんですね。

このL−カルニチンが多いのが羊のお肉、ラムなんですね。

牛肉よりも1.5倍もL−カルニチンが多い上にカロリーも低いので、ラム肉はダイエット中におすすめなんです。

L-カルニチンは脂質の代謝に必要な成分でもあるので、痩せたい時の強い味方ですよ。

代謝を高める食べ物で脂肪をメラメラ燃やそう!

トウガラシ、ショウガ、ラム肉、どれもおいしそうなものばかりですね。

それぞれに配合されているカプサイシン、ショウガオール、L−カルニチンはどれもダイエットサプリに配合される成分でもあります。

エネルギーをガンガン燃やしてくれるので、体力が湧いてくるメリットもありますね。

ちょっとした味付けにトウガラシや乾燥ショウガ、お肉を食べるならラム肉にしてみましょう。

食べた途端にポカポカと代謝が高まる実感が湧いてくるので、ダイエットへのモチベーションもUPですよ。

有酸素運動の方法はいくつかあるけど、どれがおすすめ?

有酸素運動の方法はいくつかあるけど、どれがおすすめ?

病院でのメタボ検診やダイエット情報を見ると「有酸素運動をしましょう」と書いてありますよね。

ただ、ウォーキングやジョギング、水泳など、有酸素運動と言ってもいろいろあります。

できれば効率的に、早く、楽して痩せたい!そんな時におすすめの有酸素運動は何なのか、気になりますよね。

実は、この有酸素運動が1番よかったんです。

消費カロリーが多い有酸素運動ランキング

いきなりですが、これが良い!という有酸素運動ランキングの1位から3位まで紹介しますね。

  • ボクササイズは1時間で400kcal以上消費するので堂々の1位
  • 2番目におすすめのランニングは1時間400kcal程度の消費
  • おすすめ度3位のウォーキングなら1時間で200kcal程度
  • 体力に自信があるならボクササイズがおすすめ!

    ズバリ、1番のおすすめは消費カロリーが大きくて筋トレにもなる、ボクササイズです。

    ボクササイズとは、ボクシングの動きを取り入れたエクササイズの事なんですね。

    ただし消費カロリーが多い分、動きはかなりハードです。

    パンチのほかキック、攻撃を避ける動きを取り入れるジムも多いので全身をくまなく動かせるんですよ。

    体力に自信がある人向けですが、本気で体を絞りたいならボクササイズがおすすめです。

    手軽に始めるならランニングも効果的

    でも、自分の体力やペースに合わせて有酸素運動したいな・・・という人は、ランニングでも良いですね。

    コツは腕を振って走ること、全身を使えば使うほど順調にカロリーが燃えますよ。

    走りやすい靴と時間があれば、すぐスタートできるのがメリットですね。

    毎日30分以上ランニングを続けると、脂肪が徐々に燃焼していきます。

    体力に自信がない人はウォーキングからスタート

    ちょっと体力に自信がない、という人はウォーキングも良いですね。

    30分以上かけてゆっくり歩いて通勤するだけでも効果があるんです。

    続けることで体力がついてくるので、そのままランニングにステップアップしても良いですね。

    脂肪を燃やすには30分まとめて運動する必要があるので、じっくり歩くようにしましょう。

    気になるあの有酸素運動のダイエット効果は?

    気になるあの有酸素運動のダイエット効果は?

    惜しくもランキング外ですが、ダイエットにおすすめの有酸素運動はまだまだあります。

    • エアロビクスは30分で150〜200kcalを消費
    • ジムに通ってるならクロストレーナーもおすすめ!
    • 水泳は泳ぎ方で幅があり1時間で300〜700kcal

    ボクササイズのコースが無いジムでも、エアロビクスのコースはやっている場合があります。

    消費カロリーもなかなか多いですし、踊っていると楽しいので続けやすいんですね。

    他にもダイエットに効果的なのが水泳です。

    ただし、泳ぐスピードや泳ぎ方で消費カロリーや効果が全く違ってきます。

    クロールやバタフライを猛スピードで泳げば1時間で700kcal燃焼できる場合もあるんですね。

    ただ、クロールやバタフライで1時間泳ぎ続けられる人はなかなかいませんし、猛スピードで泳いでもOKなプールはsなかなかありません。

    せっかくジムに通うなら、クロストレーナーという機材もおすすめの有酸素運動マシーンです。

    取っ手を握って降りながら足踏みするマシンで、全身をガンガン動かせるんですね。

    ちょっと地味なマシンですがダイエット効果は高いので、クロストーレーナーもおすすめですよ。

    有酸素運動は継続することが何よりも大切

    有酸素運動とひとくちに言っても、色んな方法があるんですね。

    しかし、どれも続けられないと意味がありません。

    いきなりキツい運動はせずに、体力にあった運動から徐々に初めていきましょう。

    1日30分以上、必ず有酸素運動をするようにしたいですね。

ダイエット中はお酒を控えたほうがいい?

ダイエット中はお酒を控えたほうがいい?

ぽっこりお腹をビール腹と言うけど、お酒ってダイエット中に飲むとダメなの?そんな疑問ってありますよね。

実はお酒は超ハイカロリー、飲めば飲むほど太るのでダイエット中は飲まないほうが良いんですね。

そうとは言え、あんなサラサラな液体なのに何で太るのか、どうしても飲むならどのお酒が良いのか、知りたい事は多いですよね。

そこで、お酒とダイエットの関係を説明したいと思います。

お酒は糖質のかたまりなのでハイカロリー!

お酒はお米や果物など、糖質の高い素材を酵母菌や麹菌に分解させて作ります。

なので、お酒自体にも素材の糖質がたっぷり含まれており、とてもハイカロリーなんですね。

ご飯や果物は食べ応えがあるので「もうお腹いっぱい」となりますが、お酒は液体なので次々飲めてしまうのもいけません。

生ビールの中ジョッキ1杯は150kcal、軽くお茶碗1杯分のご飯と同じです。

お酒好きな人ならあっという間に4〜5杯は飲んでしまいますよね。

そうするとビールだけで600〜750kcal、これで太らないわけはありません。

選ぶなら醸造酒より蒸留酒のほうがヘルシー

選ぶなら醸造酒より蒸留酒のほうがヘルシー

「でも、大好きなお酒が飲めないなんて辛い!」という人も多いはずです。

本当はダイエット中は断酒したほうが良いのですが、どうしても飲みたい時は蒸留酒を選ぶと良いんですね。

  • 太りやすい醸造酒:ワイン・ビール・日本酒など
  • 太りにくい蒸留酒:ウイスキー・ジン・ブランデーなど
  • ダイエット中に飲むなら蒸留酒のほうが良い!

蒸留酒とは、上で説明した酵母菌で作る醸造酒からアルコール分を取り出したお酒です。

例えばワインとブランデーは両方ブドウから造られますが、ワインを蒸発させてアルコールを取り出したものがブランデーなんです。

この蒸発させてアルコールを取り出す事を蒸留と言うんですね。

蒸留する事で糖質を大幅にカットできるのでカロリーは減り、代わりにアルコール分が凝縮されます。

なので、蒸留酒はカロリーが低くアルコール度数は高く、少量でもしっかり酔えるお酒が多いんですね。

ダイエット中でもお酒が飲みたい時には、蒸留酒がおすすめですよ。

ダイエット中はなるべく断酒しよう!

お酒にも太りやすいお酒と、そうでもないお酒があったんですね。

ただ、お酒は食欲を増してしまう効果がありますし、唐揚げやポテトなどのおつまみもダイエットの大敵です。

できればダイエット中は飲み会を断るのが無難と言えますね。

どうしてもおつきあいで飲まなければいけない場合は、ウイスキーやブランデーの水割りがベストです。

お酒をよく知り上手につきあって、ダイエットを成功させてくださいね。

カロリーは控えめだけど満腹感を得られる食品

カロリーは控えめだけど満腹感を得られる食品

絶対に痩せたいダイエット中、でもお腹が空いてつらい・・・そんな時、低カロリーなのに満腹になれる食べ物があったら良いですよね。

実は野菜からお肉、デザートまで、食べてもほとんど太らなのに大満足な食品があるんですよ。

ダイエットをサポートする成分が入っている食べ物も多いので、ぜひチェックして下さいね。

きのこやコンニャクでカロリーそのままご飯をボリュームアップ

ダイエットしたい時に頼れるのが、きのことこんにゃくです。

ほとんどが水分で出来ており、残りの歯ごたえを作っている成分も食物繊維なので体に吸収されません。

ほとんどカロリーゼロなので、野菜炒めやおかずに入れて食べると良いんですね。

特にこんにゃくは煮物に向いている食材なので、お醤油の味をしっかりつけると満足感がさらにUPですよ。

きのこやこんにゃくにふくまれる食物繊維は便秘を解消したり、脂肪や糖質の吸収も押さえます。

同じ理屈で、低カロリーで食物繊維豊富なセロリなどもダイエットにおすすめの食材ですね。

ほかの食材と一緒に食べる事で、さらにダイエットをサポートしてくれますよ。

ダイエット中でもお肉を食べたい時は鶏胸肉やササミがおすすめ

でも、キノコやこんにゃくばかりでも栄養が足りないので、たんぱく質豊富なお肉も食べたいですね。

そんな時は脂質や糖質が少ない、鶏の胸肉やササミを食べましょう。

筋肉を作るたんぱく質やビタミンBがたっぷりで、お腹もいっぱい大満足ですよ。

焼くのも良いですが、胸肉やササミはパサつきがちな部位でもあります。

野菜と一緒に蒸していただくと、しっとりした食感でおいしくなりますよ。

ささみは概ね1本で43kcalなので、3本たっぷり食べてもご飯一杯分にもならないのは嬉しいですね。

鳥むねも1枚200gで200Kcal前後なので、かなりヘルシーにお腹いっぱいお肉が食べられます。

おやつに食べるならスイカやフレープルーツが低カロリー!

おやつに食べるならスイカやフレープルーツが低カロリー!

ご飯以外にも、甘いデザートを食べたい事もありますよね。

そんな時は、しっかり甘いのに低カロリーなスイカやグレープフルーツを食べましょう。

スイカのカロリーは片手に持って食べるサイズに切れば60kcal前後、とっても甘いのに驚きですね。

水太り対策に良いシトルリンも含むので、スイカはダイエット中のおやつにおすすめなんですよ。

グレープフルーツもひと玉が80kcal前後、とっても低カロリーです。

カロリー燃焼や美肌をサポートするビタミンCが豊富なので、グレープフルーツは美容にも良いんですよ。

柑橘類の香りは心をリラックスさせるので、ダイエットのイライラやドカ食い対策にもグレープフルーツは良いんです。

おいしく食べながら目標体重までダイエットしよう

カロリーが低いのにおいしい、ダイエットに良い成分も含んでるスーパー食材ってけっこうあるんですね。

とにかく食べるのを我慢するダイエットは続きませんし、心も体もボロボロになってしまいます。

それならご機嫌にいっぱい食べて、お腹いっぱいになりながら痩せたほうが良いですよね。

ちょっと買い物や料理の手間はありますが、低カロリー食材を食べてダイエットしてみましょう。