炭水化物抜きダイエットって実はリスクがあるというのは本当?

炭水化物抜きダイエットって実はリスクがあるというのは本当?

ご飯や麺類を抜く炭水化物抜きダイエットですが、実は欠点やリスクが多い方法なんです。

芸能人が「炭水化物を抜いてダイエットしたよ!」と言ってはいますが、怖いのは痩せた後なんですね。

炭水化物抜きダイエットがなぜ怖いのか、わかりやすく説明したいと思います。

炭水化物抜きダイエットは短期間で痩せられるけど・・・

炭水化物は糖質が多く含まれており、カロリーが高い食べ物です。

ご飯やパン、麺類などを抜けばその分摂取するカロリーが減り、体重が短期間で減らせるんですね。

芸能人が「産後太りしたけど、2ヶ月で元のボディに戻せたわ」と言っているのは、この仕組みのおかげなんです。

しかし、炭水化物抜きダイエットのリスクが出てくるのは痩せた後だったりします。

リバウンドなど炭水化物抜きダイエットはリスクが多い

実は、人間の体は栄養が不足すると「次に栄養が摂取できたら貯めておかなきゃ」と準備するようになります。

炭水化物を抜いて栄養不足になっている体でハイカロリーなものを食べると、あっという間にリバウンドするんですね。

糖質だったものは脂肪に代わり、下手をすればダイエット前よりも太ってしまうんです。

芸能人はキレイでいるために低カロリー食を続けるので、痩せたままでいられるだけなんですね。

そして、炭水化物を抜くと便の量自体が減ってしまい、キレイに出なくなってしまいます。

便秘をしないためにも、炭水化物は食べたほうが良いんです。

ダイエット中に食べるなら低GIの炭水化物がおすすめ!

ダイエット中に食べるなら低GIの炭水化物がおすすめ!

でも、ご飯やパンを食べると太っちゃうし・・・という人には、低GIの炭水化物がおすすめです。

低GIとは血糖値をゆっくり上昇させる食べ物の事なんですね。

血糖値とは血液中の栄養、つまり糖質の多さを表す数値です。

実は、血糖値は常に一定になるように体が調整するように出来ています。

そのせいで、血糖値が急上昇すると正常値に近づけようと、多すぎる糖を血液から減らす性質があるんですね。

多すぎた糖は脂肪に変わってしまいますし、血糖値が下がる事で「栄養が足りない、何か食べたい」と間食してしまう原因にもなるんです。

簡単にまとめると、血糖値が安定しないとダイエットが失敗してしまうんです。

なので、ゆっくり血糖値を上げる低GIの炭水化物がダイエットを助けてくれるんですね。

例えば、玄米やライ麦パンは低GIなので、同じカロリーでも太りにくいと言えます。

炭水化物は抜かずに、ダイエット中は炭水化物を低GIのものに切り替えるのが正解なんです。

炭水化物は抜かずにダイエットするのが正解!

炭水化物を抜けば短期間に痩せられはしますが、不健康ですしリバウンドしてしまいます。

それなら、同じカロリーでも太りにくい低GIのパンやご飯に切り替えて、炭水化物を食べたほうが良いんです。

玄米やライ麦パン、今は低GIのパスタなど麺類も売っていますよ。

ご飯やパンを食べたほうがダイエット中もイライラしませんし、体力も維持できます。

炭水化物抜きダイエットはリスクが大きいので、低GIダイエットに切り替えましょう。